脱毛器ケノン

ケノン〜照射面積の多い脱毛器のほうが脱毛できる?

 

【私がケノンで脱毛した記録】

 

写真でケノンの脱毛経過を見る→

 

 

家庭用脱毛器で良く耳にするのが「照射面積」です。
これは、光や熱をいっぺんに集められる面積のことで、この光や熱を当てた範囲が脱毛されます。

 

脱毛器は照射面積が良いほうがいいイメージがありますが、必ずしもそうとは限らないようです。
「ケノン」は業界でも最大の照射面積がウリで、7cmとかなりの大きさです。
それに比べ、トリアは1cmと最も狭い照射面積なんです。

 

だからといって、トリアの品質がケノンに比べ必ずしも劣るとは限らないんです。

 

それはなぜかというと、「ケノン」はフラッシュ脱毛器で、「トリア」はレーザー脱毛器だからなんです。
「フラッシュ脱毛」の場合、「レーザー脱毛」ほど威力がなく、永久脱毛をするのが少し困難です。
「トリア」は、レーザー脱毛器で、エステに行くのと同じクオリティーを提供できるのが自慢の器具です。

 

トリアの場合、照射面積は少なくても、脱毛効果が高いので、一回の処理時間は「ケノン」とさほど変わりがなく、永久脱毛することも可能です。

 

ケノンは、トリアに比べると威力は少ないのですが、痛みがほとんどなく、そして使用を繰り返していれば毛も細くなり、永久脱毛することも可能です。

 

どちらがいいかということは、使う人のニーズによるということですね。


このページの先頭へ戻る